【体験談】私立高校教師として見てきた不登校児童・現代っ子の感想

taikendan

 

わたしは私立高校の教師として、10年ほど勤務しておりました。

 

担任は持っておりませんでしたが、部活動の顧問をしていたので、部員の子どもたちとは深く関わる事ができました。

 

毎年、不登校になる子どもは必ずいました。

 

不登校になる子は必ずといって、前兆がありました。

 

部活動で観ている限りでは、居場所がないように見えたり、楽しそうでなかったり、笑顔で無くなっていったり、話しかけた時の対応の表情でも解ります。

 

相談に先ず来てくれるこどもの方が、教師としては嬉しかったです。

 

でもなんとなく退学しない様に、話を聞いたりしていても退学する子はなんとなく最初の感があたっておりました。

 

 

子供達にとって、私は自分の居場所があれば、学校が居場所になっていれば、少し休みがちになっても戻ってくるように思います。

 

最近はコロナもあり、学校の意味についても色々と私自身も考えます。

 

家庭環境も複雑な子どもたちも多く、オンラインやsnsの世界が居場所になっている子どもが多いように思います。

 

居場所が複数ある子どもは強く生きていけるのではと思います。

 

オンラインも居場所のひとつですが、直接に人とのつながりができる場所として、学校はやはり大切だと私は思います。

 

勉強より大切な機能を学校がしていくべきかと私は思います。



 

りら

ここからは管理人が書いています。

 

私立高校の教師の方の経験談です。

 

不登校の原因は部活であることが多いと医師が言っていました。

担任より 部活の先生の方が生徒の異変を感じることがあるのかもしれませんね。

部活が楽しければ、それだけでも学校に通えます。居場所となります。

 

特に高校生になると、SNSなど、オンラインの中に居場所を求めていきますよね。

そうなると、余計に家庭や学校との関係が薄れていきます。

居場所が増えているようで減っていく。そんな気がします。

 

りら

とても貴重な経験をお話しくださり、ありがとうございました。

taikendan不登校児と関わった体験談を紹介|先生・カウンセラー・ボランティアなど