子供の不登校・通院を通して自分自身の過去や特性と向き合うようになった

thinking

最近、自分自身の心の奥にあるものが出てくる。

子供の時のことです。ふとした時に蘇ってくる。

 

家族とのこと。特に母。言われた言葉。

子供の時に言われた言葉って こうやって残っているんだとわかった。

潜在意識として残っているんだね。

 

学校に行ってた頃の気持ち。いじめられた思い出。

子供が不登校となってから、自分自身の学生時代を振り返ることが多い。

 

懐かしい思い出。良い思い出もある。

でも、トラウマとなっていたような「闇」の部分も出てくる。

そっちの方が多い。

娘の通院、カウンセリングがきっかけです。

counselor

心理療法士とのカウンセリングでは家族のことを聞かれます。

1回目は親だけでした。

娘の生まれてからの成長についてだけじゃない。

自分の両親、兄弟、兄弟の子供のことも聞かれた。

子育てに影響してるんだよね。

 

娘の特性。どんな子だったか。

好きなもの。苦手なもの。

話しているうちに、私にも当てはまることがある。

 

学校、集団生活での生きづらさ。

人と合わせること。なんか自分は違う。抱えていた違和感。

 

幼稚園では登園拒否をしていた。

年少・年長と同じ担任となった。特別扱いの子。

今だったらグレー、もしくは診断がついたかもしれない。

ネットもないので調べなかった。

そのまま育った。

 

私には得意なことと、どう頑張ってもできないことがある。

とても極端です。凹凸があるってことだよね。

周りがあっさりとできることが できない。

なんで みんなできるんだろうと。

 

きっと その能力が抜け落ちてるんだと思ってきた。

努力しても無理。なら、抜けてる部分は他の人に補ってもらえばいい。

今だと、身近にいる主人ですね。

 



 

医師に あなたもかもしれないねって言われた。

うまいこと生きてきたね。ご主人に感謝しなさいって。

医師に言われたのは初めて。

会話をしているうちに医師もそう感じたんでしょう。

 

娘とは違うタイプだと思う。

似てる部分もあるけれど、そんな繊細ではない。

小さい頃は変わった子。

大人になってから(若いころ)は天然。不思議ちゃんって言われてきた。

 

娘のように 周りに必死で合わせて生きてこなかった。

空気が読めない。時には、人間関係のトラブルとなった。

漠然と もしかしたらって思ったことはあった。

甥が自閉症。その時に調べた。

自分にも当てはまるって思った。

30歳近くになってからです。

 

普通とは違ったかもしれないけど

自然と得意なことを活かして、苦手なことは避けてきた。

今さら検査や診断はいらない。

 

だから、母が私のことを扱いづらかったのかなって思った。

納得できて、スッキリとした気持ちになった。

娘が不登校にならなかったら、気づかなかったことだと思う。

 

もっと早く知っていたら どうだったのだろう。

楽になったのか。それとも悩んだのか。

私の人生はどう変わったのかな。

card_doctor子供が「死にたい」と言ったら、どう答えたらいいの?主治医の答えは