学校に行きたくても行けない。教室に入れない子|心理カウンセラーに聞きました

counselor

娘は「学校に行きたくても行けない」と言います。

ある日を境に クラスメイト、みんながいる教室に入れなくなりました。

 

どうして 教室に入れなくなったの?

 

子どもの心の中はどう変わったの?

 

親は子どもの変化に戸惑い、疑問を持ちます。

ハムスターなぜ

 

りら

この記事は、心理カウンセラーさんに、教室に入れなくなった子どもの心理について語っていただきました。

この心理カウンセラーさんご自身も不登校経験者です。

体験談はこちらです↓

counselor心理カウンセラーとなった今、不登校体験を振り返って子ども達に伝えたいこと



 

kasen

 

不登校の子どもの多くが、学校に行きたいと頭では思っていても体が動かず、登校できないジレンマを抱えています。

不登校というと、学校に行きたくない子どものわがままだと思ったり、無理にでも行かせないと本当に学校に戻れなくなってしまうと親御さんは焦ってしまいがちです。

そんな親の姿を一番近くで見ている子どもにとっては、悩んでいる姿を見ていることすら辛いと感じ、余計に自分を責めて、殻に閉じこもってしまいます。

otikomu

不登校の子どものなかには、学校には行けるけど教室には入れないと悩んでいることもあります。

実際に不登校で相談される方の多くはそのタイプになり、保健室だったり相談室に登校して自主学習をして過ごすことも少なくありません。

同じように不登校で悩んでいる子どもと勉強したり、カウンセラーと話したりしつつ学校生活を送ります。

不思議と教室以外の場所で過ごしている姿はとても楽しそうなものです。

教室に入れない子どもは、クラスメイトに会うことを嫌がることも多く、登校時間をずらすなどの対策も必要になります。

 

教室に入れない子どもにはいくつか原因が考えられます。

まず一つに「視線」があります。

教室に入るとみんなが自分のことを見ているような気がする、視線を感じると過剰に気にしてしまいます。

特に不登校の期間が長くなればなるほど、みんなに噂されている気がする、怖いと教室からどんどん遠ざかってしまうのです。

 

確かに好奇の視線を向けてくるクラスメイトもいるかもしれません。

視線の辛さは不登校をしている本人しかわかりません。

まわりがどんなに「大丈夫だよ」「待っているよ」といわれても、本人にとっては負担になってしまいます。

親からも「お友達が待っていてくれているよ」といわれるのは、不登校の子どもにとっては余計に自分を責めてしまいます。

 

また、「いじめ」が原因で教室に入れなくなってしまう子どももいます。

本人が自覚している陰口もいじめの一つです。

上履きを隠されたり、教室の机のなかにゴミが入っていたり、教室で自分の机だけが離されているなど、どれも陰湿なものばかりです。

気付かない教師は「気のせい」と片づけてしまうこともあります。

教室に入ると またいじめに合う、誰も助けてくれない、わかってくれないと思うと、足が向かなくなってしまうのです。

 

学校に行きたくても行けない子どもはたくさんいます。

それと同時に学校には行けるけど教室に入るのが怖いと感じている子どももいるのです。

十分本人は頑張ろうと努力しています。

それなのに「学校に行きなさい」や「今日こそは教室に入ろうか」と話すのは子どもの負担にしかならないのです。

counselor心理カウンセラーが語る不登校の子どもへの親の対応(声かけや接し方)