どうしよう、なんとかなるのループ|一休さんの言葉が不登校の親の心に響くよ

tomadoi

娘が不登校になってからの私の心の中は、まるでジェットコースターのようです。

急上昇したり急下降したり、忙しいの(^▽^;)

 

2つの想いが交差します。

 

「なんとかなる! 大丈夫!」

喜び

そう思って過ごしています。呪文のように心に唱えています。

私が前向きに過ごす。安心感を娘に与えることが大切だからね。

 

娘が機嫌がいい。部屋から出てきて よく話し、よく笑う。

よく食べて、ちゃんと寝る。

 

前向きな発言、やる気が出ているのを感じる。

成長してる。嬉しい。うん。きっとなんとかなる。

私の気持ちもグイグイ上がる。

 

でも、ちょっとしたことで娘の心が不安定になる。

スイッチが入るの。そうすると、不安の世界にどーんと入り込む。

落ち込む。泣く。当たる。荒れる。

引きこもる。食べなくなる。眠れなくなる。

 

ちょっと前進したように感じていたのに、また戻っちゃった。

私のテンションも下がる。

繊細な娘は、この気持ちを感じて、さらに落ちる。

 

これじゃいけないんだよね。

よーくわかってる。でも、もう1つの想いが出てきちゃうの。

 



 

「どうしよう・・・」

doyon

常に、この感情は心のどこかにある。

「なんとかなるさ」という想いで、どかそうとしているけれどね。

娘が不安定な状態になると、この「どうしよう」の存在が大きくなる。

 

中3だし、これからのこと、進路もやっぱり考えます。

今を大切に生きる。生きてればどこからでも取り戻せる。

人生は長い。この1.2年遠回りしてもいいじゃん。

 

そう思ってるけれど、どうしても出てくる「どうしよう」

このループなんだよね。

 

どんなことだって、考えすぎたら疲れるでしょ。

不登校ってめちゃくちゃ悩むし考え込む。

HPは体力だけじゃない。脳を使うことでも削られるの。

 

答えが見つかると達成感があって回復する。

けれど、不登校はそんな簡単に答えは見つからないから。

そうすると止まる。燃料切れ。

 

現実逃避したくなるし、なんとなくの時間が過ぎる。

やる気が出ない。なーんもしたくない(^▽^;)

なんとなく、ソシャゲしたり。

 

あ、この状態って 娘もそうなんだよねと理解する(*^-^*)

こんな時間が必要なんだと。

 

これでも、だいぶ「なんとかなる」の占める割合は大きくなった。

でも、やっぱり感情の浮き沈みはある。

娘に振り回されちゃうんだよね。

どーんと構えなきゃ。そう心がけても。

 

一喜一憂もある程度は仕方がないと思っています。

けっして、期待しすぎず。

そして、落ち込みすぎない。

このバランスが大切なんかなと思う。

 

先は長い。娘の人生はまだまだこれから。

「あわてない。あわてない。ひとやすみひとやすみ。」

子供のころ観ていた「一休さん」の言葉をふと思い出した(*^-^*)

 

一休さんの遺言を知っていますか?

「大丈夫、心配するな、なんとかなる。」

gorone