【体験談】フリースクール講師として|発達障害と認知の問題について

taikendan

 

私は以前はフリースクール等で不登校児童の対応をしていた者で、現在は発達障害のお子さんの家庭教師をしております。

 

私の経験上だと、不登校になるお子さんの大体50~60%が発達障害を持っています。

 

また、毒親が原因なのは10~20%くらいでしょうか。

 

 

発達障害の人の場合、人によっては対人関係で定型発達の人の数倍ストレスを感じることが多く、多くの人はそれを処理できなくて溜め込んでしまう人が多いです。

 

また、こだわりがあって動けない、あるいは自分の生活のリズムをコントロールできない人も多いです。

 

 

不登校になる人は特に、発達障害と定型発達のボーダーラインの方が結構見られます。

 

自分で問題を抱えていると認知していないので、困りごとを感じておらず、ある時一気に出る方もいます。

 

 

認知の問題が原因の人もいます。視覚認知に問題があるので授業がわからなかった人もいました。

 

認知の癖があり、それを本人が認知出来ていなかったケースもあります。

 

そういう人は検査機関等でKーABCⅡなどを受けると明確に数値化してでてくることもあります。

 

 

スクールカウンセラーは当たり外れが大きいです。

 

私の実感だと、わかっている人:わかっていない人の比は1:4くらいです。

 

「この人わかっていないな」と思ったらすぐに切りましょう。時間の無駄です。

 

スクールカウンセラーよりも、各地域の相談機関に聞いたほうが良い対策がでてくることが多いです。



 

りら

ここからは管理人が書いています。

 

フリースクールの講師、発達障害児の家庭教師をされている方の経験談です。

発達障害について詳しいですね。

 

文章の中に出てくるKーABCⅡについて。

ウィスクは有名ですが、KーABCⅡは知らない方もいるかもしれません。

KABC-Ⅱは知能検査の1つでWISC-Ⅳと並ぶ代表的な検査ツールです。
知能検査では唯一、基礎学力を計る学習習得度の評価も取り入れており、学習支援を目的として「認知尺度(認知処理力)」と「学習尺度(基礎学力)」を測定します。
100を基準に上下のばらつきをみることで発達水準を推定します。認知尺度では得意な情報処理の仕方や計画性、理解定着力があるか、学習尺度は何年生レベルの学力を持っているかが分かります。

引用元:すらら

 

今は、その子の特性に合わせた学習方法が注目されています。

image study効果や費用は?不登校・発達障がいの子向け教材すららの特徴と口コミ紹介

 

発達障害についての記事、こういう内容がまだ受け入れられない時があると思います。

不登校の初期に調べていた時、次々と出てくる可能性に落ち込みました。

今まで大丈夫だったのに? って。

 

不登校となるまで診断がついていないと、それはなかなか受け入れられない。

その可能性があるんだと知っても 違うんだと思おうとします。

 

でも、子供が苦しんでいる姿、生きづらさで悩んていることを知る。

前を向いて笑顔でいてほしい。この子が生きやすくなる道をと思うようになった。

診断とか関係なくなってくるんですよね。

それより、今の苦しみをなんとかしてあげたい。

 

体験者さんが感じたパーセンテージについては よくわかりません。

もっと、複雑なパターンがある気がします。

 

言われている内容はそうだと思いました。

ボーダーライン、グレーと言われている子供達。

HSCや感受性の強い子は他の子達よりはストレスを多く感じている。

そのストレスをうまくかわせず、心に残っていきます。

 

そんな自分の個性や特性を知らずに、苦手意識が強くなることで自己否定感に繋がります。

そのまま気づかずに思春期を迎え、ちょっとしたきっかけで一気に溢れる。

不安障害となる。このパターンの不登校児は多いのだと思います。

 

スクールカウンセラーさんについては、確かに あたりはずれがありますね。

先生もそうですが、子供の心の問題や背景について熟知している方だと理解してもらいやすい。

同じような子達をたくさん見てきた経験がある人が よく理解をしていると思いました。

 

私の場合は、養護教諭や適応教室の指導員、小児科医と心理療法士でした。

スクールカウンセラーさんは1度のカウンセリングで合わないと感じました。

 

りら

とても貴重な経験をお話しくださり、ありがとうございました。

taikendan不登校児と関わった体験談を紹介|先生・カウンセラー・ボランティアなど