マンモグラフィーを受けてきたよ|乳がん検診の誤診の記憶

市の乳がん検診、マンモことマンモグラフィー検査を受けてきました。

その感想と、最初の乳がん検診の思い出を話しますね。

 ずばり、今回は本当に痛かった。涙が出そうでした・・・。

今回が5回目です。

今までで一番痛かったですねぇ。

強さは技師が調整します。

『痛かったら言ってね』と言われました。

『痛いです』と言いました。

『まだ、弱いレベル。これじゃ撮影できないから、もう少し押さえます』

言った意味ないじゃん(*^-^*)

おっぱい、ぺったんこですよ。もう無理ーってぐらいまで。

なんで、こんなに差があるんだろう。

今回は初めての外科で受けました。

以前に受けたところがやってなかったからです。

角度や当たる部分だと思うんだけど、左の横からの撮影が本当に痛かったです。

早く終わってーって心の中で叫んでいました。

生理前は張ってて痛いから、生理後にしたんだけどね。

この歳でも、すごく張りやすいんです。

生理前に痛くなります。

別にすごく大きい方でも、すごく小さい方でもなく・・・。

それって関係あるんかなぁ。

結果は3週間後です。ちょっと心配です。

 

私は乳がん検診には、すごく嫌な思い出があります。

10年ぐらい前、『余命1ヶ月の花嫁』をテレビで観たんです。

まだ30代だけど一度受けてみようと思いました。

一番近所のいろんな科がある中ぐらいの病院に行きました。

年配の医師でした。何科の医師だったんだろう?

ここは、人間ドック、市の乳がん検診もやっています。

婦人科がないけど、子宮がん検診・乳がん検診も対応だったんですよね。

目の前に座らされました。寝ないんです。

『はい脱いで、腕を上げて』と言われました。

タオルとかもなしです。

『あれー、全然、左右の大きさ違うねー。』

『ここらへんに3センチの腫瘍があるよ。』

つままれて言われました。

3センチ?

自分で、よくお風呂で自己診断をしてきました。

そんな大きさ?しこりなんてないはず。

何度か聞き直しました。

『確かにあるんだよ』怒られました。

茫然としたままマンモへ。

まったく痛みを感じませんでした。

それほど、ショックだったんですね。

まだ 子供は幼稚園前だったし。

困ったな。手術だろうな。どうしようと。

医師とのやりとりを聞いていた看護婦が近寄ってきました。

『まだ、決まったわけじゃないから。

良性の腫瘍がゴロゴロとある人もいるから。

手術でとれば大丈夫かもしれないし。』

そんな風にたくさん励まされました。

励まされれば励まされるとほど深刻に考えてしまって。

家に帰って、ネットで調べまくりました。

直径3センチって結構大きい。

良くない情報が並んでいました。

翌朝、びっくりしたんだけど白髪が一気に。

まだ、30代で、ほとんど白髪なかったんです。

マンモの結果は3週間後・・・。

これ待てない。心配で頭がおかしくなりそう。

翌日、ネットで探した有名な乳がん専門病院へ行きました。

予約も紹介状もなしで、長く待ちました。

経過を話したら診てくれました。

触診で笑顔で『何もないです。誰、それ言ったの?

マンモもきっと何も写ってないよ。

あなたの歳だとマンモよりエコー。

エコーでちゃんと診ましょう。』

そしたら、左側の乳房で5mmの嚢胞が見つかって、その場で針を刺して検査となりました。

それも心配したんだけど『形から多分大丈夫だと思う』と言われていました。

結果は後日電話で聞いて良性。

『こっちは大きくならないか経過観察したいから、半年後にまたエコーしに来てね。』

『マンモは一応とりに行って、また何かあったら来てください。多分、大丈夫だと思いますよ。』

それで終わりました。

 

3週間後、最初の病院に結果を取りに行きました。

検診をした医師はいなくて院長先生が出てきました。

何か話があるのかな?

結果見て黙ってるから、私から話しました。

『ここに触診2×3センチって書いてありますよね?

なかったんです。こう言われました。』と説明しました。

触診は異常あり。
部位が右のC
この紙がいい加減だなぁと思うのは両方右になってます。

大きさが2×3センチ
硬度がやや硬
表面が整
境界が明瞭
可動性があり
皮膚所見 正

f:id:lanikai-sk:20181120165019j:plain

マンモはN1です。カテゴリー1で右も左も異常なし。

『乳(ちち)をちゃんと診れる医者じゃなかったってこと!』

と不機嫌に言われました。それだけでした。

別に謝罪を求めたわけでもありません。

この病院で言われたこと、触診には異常と書いてある事実を聞いた。

診察室を出たら、会計に呼ばれて『もういいです』と。

結果だから 最初から無料だったのか、もう帰ってと言う意味なのか。

病院側から、ものすごく嫌な対応を受けました。

これが、最初の乳がん検診でした。

それから、その病院には二度と行っていません。

次は市の一番大きな病院で受けて、触診・マンモとも異常なし。

でも、気になったんですよね。

エコーじゃないと意味ないよって言ってた言葉が。

それで、もう一度 乳がん専門病院へ行ってみました。

やっぱり、エコーでは見つかるんです。

今度は違う箇所。で、また細胞診をして良性でした。

検診ってなんなんだろう。

そして、良性をあえて見つけに行く必要もあるのかな。

専門病院に行かなきゃ知らないまま。

そんなことを考えつつ、3年が経過。

久しぶりに間があいてしまいました。

いい思い出がなくて、足が遠ざかってしまいました。

やっぱり、放置したらダメだと、ようやく行ってきました。

ちなみに、今年から触診もなくなり、40歳以上はマンモのみとなっていました。

2年に1回のマンモです。

何か写ったら、紹介状で専門病院に行くことになると思う。

乳がん検診の診断は病院、医師によって こんなに違います。

疑問に思ったらセカンドオピニオンを。

検査結果を待つ間は不安ですね。

なんともないといいな。

おしまい。

 

www.kuraget.net

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です