記事のコメント欄を読むと違和感を感じることがある

あ、私の記事のコメント欄のこと じゃないですよ(^▽^;)

このタイトルを読むと、え?ってなりますよね。

同じように、タイトルって書き手のつけ方によって

すごく印象が変わります。

その先の記事を読んでほしいから、多少 悪意と言うか炎上要素を入れてるような。

そんな記事があります。どこか あおってる。

私には そう感じるの。ひねくれてる?(;^ω^)

今って、ブログ記事やテレビが元ネタの記事ってたくさんありますよね。

その元を見ないで、ライターさんの記事だけを読んでコメントをしています。

コメント欄を読むと、そのコメントに共感してる人達が多い。

私は そこまで思わない。一般的な感覚とズレてるのかなって思っちゃう。

そんなつもりで、元は書いてないし、話していないと思う。

悪意は感じない。私もそう思ったよ。

その感情も当たり前じゃない?って思う。

それを こんな風に書かれちゃうんだと、その違和感の方が大きい。

転載して書いた人の感情、それに乗っかってる。

ちょっとした違和感を感じても聞き流せるようなこと。

それが コメント欄を読んで、その違和感を増強させて一体感のようになってる。

 

単語、短文だけを見るのと、その前後の文章を読むのとは違う。

テレビのコメント、インタビューもそう。

そこだけ書かれると意味が違ってきちゃう。

ちょっと言葉足らずだったり、言葉の使い方が間違ってることもあるでしょう。

でも、喜怒哀楽、思ったことをそのまま伝えることは悪いことではない。

私は そんなブログを読みたい。

不特定多数が読むからと言って、すべての人に配慮することは難しい。

もとの人柄があるから、日頃の発言があるから?

そういうのも含めてライターさんが書いている気がするの。

私は今 検査結果待ちの身です。結果が出るまで長い。

大丈夫だったという報告は素直に良かったねと思う。

ブログに書くのはいいと思うんだ。

有名人だからとか関係なく、一人の人、母親としての感情。

それがニュースとして記事になること。

そこで、意味が変わってくる。

 

配慮って、もともと、その本人は気にしてなかったこと。

ことを大きくしているのは コメントしている人達だったりする。

まぁ、それも含めて取り上げられて話題になる。

それをよしとするメンタルが求められるんでしょうね。

だとしたらメリットに変わる。

批判されようがスルーーされるよりは良くて。

ただ、ずーっとブログをやってきて炎上を見てきた。

自分自身も ちょっとした炎上をしたことがあります。

以前はもっと 、鋭いことが書いてあった。

これは炎上してもって内容だった。

今は、何で??が多いんです。わからない。

私が変わったのか、世の中が変わったのか。

匿名のコメント欄への共感が多いことに違和感を感じてしまう。

この環境で育つ子供達。

自由に気軽に発信してしまうよね。

コメントだって人を叩いている。

気軽すぎて忘れてしまうんじゃないかな。

以上、私の心のつぶやきでした。

おしまい。

 

 

2 COMMENTS

う〜

前々回だったかな?3年A組の菅田将暉の言葉に涙しました。
言葉やネットの暴力。考えさせられます。

返信する
lanikai-sk

うん。血が出れば見えるけど、ネットは書き手の顔も見えなきゃ、傷ついてる人の顔や傷も見えないからね。とても怖いと思う。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です