これまでの経過まとめ

不登校経験者の三代目JSB・小林直己さん「外」に出るということ

news

不登校の経験をして、活躍している有名人はたくさんいます。

今回の記事は、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE リーダー小林直己さんのお話です。

参考 不登校だった三代目JSB・小林直己さんに兄「家にいるな、渋谷に行け」…STOP自殺 #しんどい君へ 読売新聞オンライン

 

中学生の時、眠れなくなってとあるので、繊細な方なのかなと思いました。

音楽が好きで歌詞から生き方を学んでいます。

歌詞って心にすっと入ってきますよね。心の拠り所となる。

勇気をもらえたり影響を受けることが多い。

 

高校生の時に半年間 学校に行っていません。

半年後に復帰するって、勇気がいりますよね。

分岐点となったのは、「外」の世界を知ったこと。

 

家族が頭ごなしに「学校」に行けって言っていません。

ここ、すごいなと思いました。

まず、お兄さんが「家にいるな」と。

これは、弟さんの状態をわかって言っています。

 

シンガーソングライターになる夢のために 学校が必要ないと感じての不登校です。

学校に行く意味を感じられなくなってる。

いろんな理由の不登校のパターンがありますね。

娘のような、外に出ることが怖くて 家しか居場所がない場合は、ちょっと危険な言葉ですね。

 

学校に行ってないと、その時間に出かけることって罪悪感を感じます。

さぼってることになるからね。家族公認だと出かけやすいです。

 

外に出たことによって、視野が広くなります。

今の学校以外にも別の道があることに気づきます。

違う進路を考えますが、そこでお母さんが言った言葉

母から「シンガー・ソングライターを目指すなら、一般の高校生の気持ちも分かったほうがいい」と言われ、高校に戻ることにしました。戻って感じたのは、先生も悩んで苦労しているということ。みんな一緒なんだなと思いました。

学校に行く意味があるんだと教えています。

今の学校を将来の目的の通過点として考え復学します。

お兄さん、お母さんは、夢をちゃんと応援しているんですよね。

 

17歳からダンスを始めます。これ、ちょっとびっくりしました。

もっと、幼いころからダンスをやっていたと思っていました。

それで、ここまでのパフォーマンスと活躍。

 

17歳と言えば高校生。不登校の転機があってからなのでしょうか。

不登校の経験で、学校の枠をはずれると視野が広がる。

今 中3の娘、まだこれからだって勇気をもらえました。

 

ダンス、音楽の世界にとどまらず、俳優としても活躍しています。

海外の映画にも出演し、流暢な英語のセリフを話しました。

この英語の勉強も30歳から。

やりたいことを始めるには、いくつからでも間に合うんだよね。

 

不登校の経験って無駄ではない、夢のために必要な経験。

そのためには、外に出る・・・か。

ひきこもりの娘には、簡単ではないけれど、学校以外にも世界があることを知ることが1歩だよね。

ある日、一歩踏み出して外に出てほしい。景色が変われば、自分の存在を受け止めてくれる場所があるかもしれない。居心地のいい場所は、自分でつかめるはずです。

娘の心が動き出して、このある日が来ますように。。

news星野源さんも不登校を経験|運動・規則正しい生活・楽しいことを見つけること