親子で一緒にゲームをする意味・不登校児がゲームをやる心理とは

game

今日は、親子であるソシャゲをしていました。

昨日から落ち込んでいて元気がない娘と遊んだ。

不安を忘れられるの。それは私も同じ。

楽しいことに夢中になっている時間は忘れられる。

 

朝起きるのは遅く、寝るのも遅めだけれど、昼夜逆転はしていません。

課金もしていません。そこまでは没頭していません。

そうじゃなきゃ、ゲームはやっていい。

何も言わないようにしました。

 

不登校、ひきこもりで ずっと家にいるからゲーム依存症になりやすいと言われています。

でも、不登校だから、やっちゃいけないってことはない。

 

不登校になり始めた頃、みんなが授業を受けている時間はゲームをしませんでした。

ただでさえ、学校に行っていないことに罪悪感がある。

その時間にゲームをやるのはいけないこと。

そう言って、みんなが帰宅する時間までインしないようにしていました。

子供なりに考えてやっています。



休日やコロナで休校になってから、ゲームを楽しむ時間が長くなりました。

それでも、本当に心の状態が落ちている時はゲームもしません。

何もやる気が出ない。下を向いて泣いてばかりいる。

だから、ゲームを楽しんでいる時は まだいいんです。

そう思うようになった。

 

視力の低下や姿勢の悪さは心配です。

けっして健康的とは言えない。

でも、心の休息はもっと大事だから。

 

ゲームをするのにも意味がある。

今はやめさせてはいけないと思っています。

やめさせる方が悪影響。なら、一緒にやろうと。

そうすれば罪悪感がなくなるよね。

親が一緒にやったら安心する。

 

何年も前に娘と二人でやっていたゲームがあった。

会話のきっかけにと久しぶりに復帰しました。

娘と同じ目線で語れることがある方がいい。

 

ゲームをしたくて不登校になったわけじゃないから。

きっと、何か他に夢中になれるもの、頑張れるものができたら自然にやめると思う。

gimon不登校で部屋に引きこもってる生活って何してるの?どんな状態? joy中学生の会話|鬼滅の刃とツイステ(ディズニー ツイステッドワンダーランド)