小学生高学年の女の子の友達関係・グループの難しさ・悩みについて

thinking

この記事は、娘が小学校6年生だった頃に書いた記事です。

この頃は、まだ学校に行っていました。

(その後 中学2年生の秋から本格的な不登校となっています。)

 

あの頃も、学校のことでたくさん悩んでいましたね。

だからね、急に不登校になったわけじゃないの。

この時までは、なんとかなっていたけれど、積み重ねだったと思う。

 

私も、いつか不登校になるかもしれない。

そんな心配が心の中にずっとあった。

 

りら

3年前の娘、不登校になりかけたけれど復帰した お話です。

最後に、今の気持ちを追記しています。

 

小学校6年生|子供の体調と心の変化と親子の会話

学校から笑顔で帰ってくることを願っています。

でも、最近 落ち込んで帰ってくることがあります。

友達関係に たくさん悩んでいます。

話をしてくれる頃には、もう いっぱい いっぱいになっています。

 

泣き出す。夜、眠れない。朝は学校に行きたくないと訴える。

学校を休んだ日もありました。

ハムスター涙

最近は娘と たくさん話しています。

けど、なかなか話してくれない時期もありました。

子供が泣いている姿を見るのは辛い。

一緒になって落ち込んだり。

なんで、うまくいかないんだろうと親まで悩んでしまう。

 

伝え方が悪いのか「私に変われってこと? じゃあ 私が悪いんだね」って反抗的になることもありました。

やっと話してくれたのに、さらに追い込んでいた気がします。

 

もう こっちから聞かないようにしました。

なるべく家庭では楽しく、明るく 変わろうと思った。

一緒に新しいことをしたり、気分転換するようにしました。

家族でトランプ。散歩しながら しりとり、バドミントンをしたり。

一人でゲームばかりやっていたけど、少し前の暮らしに戻ってみました。

 

その頃から、時々 夕飯は一緒に料理するようにしました。

好きなものを作る代わりに 少しでも手伝わせました。

で、オーバーに感謝。頑張ってるね、偉いねって褒めるようにしました。

自然と会話が弾みました。話せるきっかけを作る。まずはそこから始めました。

 

心配でも、何もしない 見守るだけの時期も必要。

でも、話せる環境だけは整えておくのが大事だと思います。

heart



学校・先生への相談|大人の介入の問題

これは悩みました。できたら、子供同士で解決させたい。

最初、子供は話さないでって言ってました。

でも、体調不良、不登校になりかけたり、深刻に感じた時は相談すべきなのかなと思います。

親同士は難しいです。やってる側の親は知らないし理解していない。

 

今回は、担任が理解のある先生だったので相談しました。

休んだ日、休憩時間の数分に自宅まで飛んできてくれたことがありました。

学校での相談相手になってくれたことが大きかったと思います。

 

無理に学校に連れて行こうとはしませんでした。

しばらくしたら、娘自身が行こうとしました。

(本当にいい先生だった。この先生だったら、今の不登校の娘になんて言ったかな。)

 

席替え、授業や修学旅行など グループに関しては多少なりの配慮があったと思います。

周りが気づかないレベルです。その程度で 後は気にかけ見守ってくれました。

teacher

どこからがいじめ?

子供ひとりひとり性格が違い、感じ方、捉え方が違う。

やってる側に意識や悪意がないところから始まったりする。

でも、やられている側が傷ついたら いじめなんですよね。

 

悪口、、暴力、無視、物を取る、隠す、チャットで「死ね」と言う。

そんなわかりやすいのはもちろん いじめ ですが、そうじゃなくても いっぱいある。

 

気が合わず距離を置く。話さなくなる。

ほんとに些細な きっかけから始まります。

グループから孤立し仲間はずれとなります。

でも、違う子と仲良くなったら解決。それがうまくいかなかったら孤立。

cry小学生の付き添い(母子)登校体験談|いじめ・カウンセリング・通院で解決

グループ・集団について考える

集団、グループ、派閥・・・自分も通ってきた道。

大なり小なり 社会には集団の輪がたくさんあります。

楽しさ・悩みの共有、情報を得る。

団結、効率化、何かしらの目的があって 人と繋がる。

 

グループの始まりは小学3年生の頃からだったと思います。

それまでは、幼稚園が一緒、近所、親同士が仲良し、習い事が一緒。

そんな共通点でとりあえず一緒にいる。

 

いつも同じ子っていうわけでもなく、興味があることに目を向ける。

外遊びがしたかったら そっちについていく、好きな本を読んでいる子がいたら一緒に読む。

 

それが、3年生ぐらいからグループができ始めます。

最初は、気の合う仲のいい女の子が自然に集まります。

その輪に入れなかった子は寂しい。必死に入ろうとします。

でも、もう 出来上がった輪の中に入るのは、なかなか勇気がいることです。

人見知り、おとなしい子は入れません。

 

じゃあ、グループに入れたら安泰かというと、その輪の中でも ちょっとしたことがきっかけで、仲間はずれや分裂が起きます。

こことここは仲良し。こことここは気が合わないってこともあるでしょう。

この子と二人でいたら気まずい。そう感じると距離を置く。

 

リーダー格の子がいる。引っ張っていく子。

逆についていくタイプ、中立的な立場の子。

それぞれが うまくバランスが取れていればいい。

けど、まだクループを作りたての幼い子には難しい。

 

中途半端な上下関係ができる。意思を伝えられない子は我慢します。

グループが流動的になる。こっちから あっちへ。

それを許さない子もいる。独占しよう、支配しようとする子。

お友達の取り合いになる。意地悪な子が出てきます。

 

そして、もともと集団が苦手な子もいるんです。



一人になっても大丈夫

私自身は一人でいる時間も大切だと思っています。

友達の輪に囲まれている子が偉いわけでもない。

一人が好きな子もいるでしょう。それは恥ずかしいことじゃない。

 

でも、娘は 周りから どう思われるかも気になるんです。

いつも一人になったらどうしようと言う。

一人になりたくないっていう気持ちが強いです。

だから、合わないと思っても離れない。我慢する。

 

一人でいてもいいんだよ、大丈夫なんだよ って伝えています。

一人で有意義に過ごす時間を考える。そんな時があってもいいと思う。

news他者との距離感『友だち幻想』|又吉先生『世界一受けたい授業』感想

 

図書室通いのお子さんへ|気持ちが楽になる本

「そんな友だちなら、いなくたっていいじゃないか!」

これは、齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ です。

著者の本は何冊か読みました。

 

つるむという行為、一人でいることについても書かれています。

一部抜粋します。

本を読んでください。マンガを読んでください。
音楽をきいてください。絵を描いてください。
日記や物語を書いてみてください。
ひとりでピアノをひいたり、壁にボールをぶつけにいってください。
勉強も気合が入るね。

ひとりの時間を思いっきり楽しんでしまえばいいんです。
ひとりの時間というのは、じつは、エネルギーをためこむための充電期間です。
とくに本を読むことをすすめます。

 

娘は4年生のクラス替えの頃、仲の良い友達がみんな違うクラスになり、図書室通いをしていました。

本を読むのがあまり好きな子じゃなかった。

それまでは外遊びが好きな子でした。

「一人でポツンと教室にいるのが嫌だ」と言っていたから、「図書室に行ってみたら」ってすすめました。

 

毎日、新しい本を借りてきました。いろんなシリーズを制覇しましたね。

科学、実験、歴史、小説、占い…。私も時には一緒になって読んでいました。

楽しく話してくれていましたが、また一人だったんだなぁと時には心配になりました。

 

でも、この本を読んで前向きになれました。

今の時間も充実しているんだと。

同じ本が好きな友達と話す機会も増えたようです。

行動に移せばちょっと違う世界が広がります。

 

絵を描いたり、物語をノートに書いたり。

物語は最近も書いていて、小説家になりたいって言っています。

先生やお友達に見せていますよ。

 

子供が学校にいる時間って長いです。一人だとさらに長く感じる。

少しでも気持ちを楽にさせてあげたかった。

そんな時間があってもいいと思わせてあげたかった。

子供を変えようするのではなく、時間の使い方を変える、そんな風に発想の転換をさせてくれた 一冊です。

 

【追記】

2020/8/12 発売

このシリーズは漫画で子供の心に届きやすいと評価が高い本です。

 

最後に

人間関係は難しいですよね。この歳になって気づくことも多い。

親は見本にと言いますが、心配は尽きない。

 

まだまだ、たくさんの人と出会い、たくさん楽しいことがある。

今いる 学校という小さな世界がすべてじゃない。

 

子供は ぎりぎりまで隠そうとする。

だから、逃げ道だけは作ってあげる。本当に辛かったら逃げてもいいんだよと。

study

ここまでが当時の記事です。

2020年 娘のその後

今、逃げ道として不登校を選んでいます。

これが娘が生きていくため、身を守るためだったと思います。

私も受け入れています。

raibow_titleはじめまして、中学生の娘が不登校になりました

 

小学生の時は、数日の行き渋りの後、学校へ戻って行きました。

学校に戻れるとき、戻れないときがあります。

今回は、この時のような 原因ではありません。

友達にも恵まれて楽しく過ごしていました。

 

その都度、一生懸命やってきたけれど難しいですね。

ギリギリまで頑張る子でした。

学校だけがすべてじゃない、外の世界には まだまだ楽しいことがある。

もっともっと、ちゃんと伝えていくべきだった。

 

思春期となり、集団行動、学校という場所の生きづらさと向き合うこととなりました。

この記事を書いていた時とは違った背景がわかってきました。

躓いては前を向き・・・今も試行錯誤の毎日を親子で過ごしています。

それでも、不登校ではあるけれど、親子の絆だけは あの頃と変わっていないと思っています。

counselor心理カウンセラーとなった今、不登校体験を振り返って子ども達に伝えたいこと