これまでの経過まとめ

「ごめんなさい」が口癖の子供「ありがとう」の言葉に変えられない心理

shock

何か言うと、すぐに「ごめんなさい」

娘は、いつからか口癖のように「ごめんさない」と言うようになりました。

記憶をたどると、小学校の3.4年ぐらいからだと思う。

 

叱ってるわけじゃないんです。

こうしたらって優しく言っても「ごめんなさい」って返ってくる。

まるで返事の代わりのように。

 

どれだけ「謝らなくていいよ」って言っても。

その「ごめんなさい」と言ったことに対してもです。

「ごめんなさい」ばかり言って「ごめんなさい」

 

3年生の頃、お友達とトラブルがあった。

そのお友達のお母さんから言われた。

〇〇ちゃん(娘の名前)と遊んでいると、すぐに落ち込んだり謝る。

自分たちが悪いことをしている、いじめているように感じる。

周りからそう見られるのが嫌だ。だから、一緒にいたくない。

ハムスター涙

これ、わかるんです。自分もブルーになる。

いつもいつも謝られるのがほんとうに嫌です。

他の人が聞いていたら、すごく厳しい親のように思うんじゃないかな。

虐待している親だと思われるかもしれない。

どちらかと言うと甘やかしたほうだと思う。

 

私だけではなく、他の人に対してもこれだと人間関係がうまくいかくなる。

だから、何とかして なおそうしてきました。

いつも謝られるのは嬉しくないんだよ。

アドバイスや声かけが気楽にできなくなる。

人が離れてしまうこともあるんだよって。

 

本当に悪いことをして、傷つけたり、迷惑をかけたら謝らないといけない。

その時は心から謝る。謝ることも時には必要。

でも、心から謝らなきゃいけない場面って そんなにない。

 

だから、場面によっては「ごめんなさい」を「ありがとう」に変えよう。

謝罪よりも感謝の方がはるかに嬉しい。

その方が人間関係が円滑に行く。

「ありがとう」は魔法の言葉だよ。

 

そんな風に話してきた。でも、やっぱりなおらないんですね。

本人もどうしても言ってしまうと言う。無意識なんでしょう。

 

調べて「ごめんなさい」ばかり言ってしまう自分は鬱なんかな?と言い出したことがある。

これ以上言うと、逆に追い詰めるからやめました。

最近は「いいよ~、大丈夫だよ」って返してます。

 



 

訴訟社会である アメリカでは簡単に謝罪はしない。

日本人は自然に「すみません」と言います。

「すみません」には、謙遜やお礼の気持ちも含まれる。

悪くなくても謝ります。

有名人のコメント、被害者でも、ご迷惑と心配をおかけして申し訳ありませんと謝罪します。

日常的で文化のようになっています。

考え込む

 

では、娘の場合はどうか。

「ごめんなさい」が最近は自己肯定感の低さだとわかった。

その頃から、自信がなく 不安を抱えていたんじゃないか。

周りの反応が気になる。自分はできていない。

だから、怒られてる感じがする。

 

あとは、自己防衛。そのあとに続く説教やアドバイスを遮断する。

聞きたくない。そして話すことが苦手。

それ以上 会話を続けたくない時にも使う。

謝ってしまえば、そこで終わるからね。

 

「ごめんなさい」と落ち込み下を向くことが癖になっている。

「ありがとう」って明るく返すことが苦手。

自分の気持ちを言葉として伝えることが苦手なんだと思う。

そう簡単には変えられないのだとわかった。

 

家の中で「ありがとう」

私も、あまり言えてないことに気づいた。

学校側にも、不登校になってから謝ることが多くなった。

迷惑をかけてる。その気持ちから 私が謝ってばかり。

なるべく、感謝の言葉に変えていこう。

自分から、この言葉を使わなきゃね。