これまでの経過まとめ

行事だけ来る不登校児は怠学|嫌なことから逃げ楽しいことだけは甘え

rainbow

たまたま、フォロワーさんのリツイートで流れてきたコメントを見た。

現場の教師の方々のやりとり。

 

心がざわついた。なんとも言えない気持ちになった。

それは違う。そうだよね。そう思われて仕方がない。

悲しさ、感謝、自分を責める気持ち・・・いろんな感情が出てきた。

 

感じたことをそのまま書きます。

 

不登校児はイベント事、行事だけ来なくていい。

 

娘はイベントだけも行けない。

でも、担任は娘のために声をかけてくれます。

学校に足が向くことが大事。そのきっかけとなればと言ってくれます。

 

本人は悩む。行事だけ行くって視線が気になる。難しいです。

子供は行った方がいい。行かなきゃ。でも、無理。

最終的に「行けなくて ごめんなさい」となるパターンが続いています。

 

担任は、遠足、社会見学、野外活動、修学旅行だけ来る子もいます。

前例はたくさんあり不思議ではありません。迷惑ではありません。

と言っています。

 

教室に入れない。でも、怠けていると思われているのは辛い。
社会は、その状態を怠けだと思うことをわかっていた方がいい。

 

怠けていると周りが思ってしまうことは認識しています。

はい。そう思われるのは辛いです。

 

親だって最初はそう思った。

でも、子供は学校に行けない罪悪感で苦しんでる。

苦しんでる姿を見ていて、怠けという言葉だけでは片づけられないと思った。

医師にも、そう思われるのが子供は一番辛い。

そのためにも検査を進めようと言われました。

 

学校に来たくないなら来なくていい。
自宅学習すればいい。

 

そのとおりです。学校だけが勉強する場所ではない。

ただ、学校に行きたくても行けない。

ここが難しくて、来たくないのではない。

 

行きたいなら、なんで来ないの?

私にも、よくわからないです。心がそういう状態。

自宅学習もできない状態。心が空っぽになってる。

これは怠学とは違う気がします。

 

楽しいことならやり、嫌なことは避ける。
そんな都合の良い大人社会はない。
親や教師が甘えさせている。

 

正論です。だからこそ、一番心に突き刺さりました。

娘は不登校となって、楽しんじゃいけないって罪悪感でいっぱいだった。

自分を責め続けて ひきこもった。

 

医師から、やりたいことをさせる。今はその時期。

そこから、楽しいことだけさせようと切り替えていった。

それしか、心が元気になる方法がないと思った。

試行錯誤して、そうなった。

 

でも、娘の姿を見て、線引きがわからなくなる時がある。

これでいいんだろうか。わがまま。甘え。

頑張らないと。自分でなんとかしないと。

嫌なことから逃げているだけじゃ生きていけない。

 

このままじゃいけない。家族内で、意見が分かれた時がある。

でも、子供を追いつめるだけだった。

死にたいと言った子供。ただ、元気で笑っていてほしい。

理屈ではなくて、そこにたどり着いた。



不登校生徒は心が弱くない、図太い。

うちの娘は弱い。繊細です。図太く生きられたらと心から思う。

図太ったら、不登校になっていない。

 

人格形成、情緒障害は家庭でやるべき。
学校が対応することではない。

 

はい。家庭の問題は大きい。特に母親である自分。

不登校となってから、たくさんのことに気づいた。

 

うまく、自己肯定感を育てることができなかった。

もっと、違う育て方、声かけをしていればと思った。

自分の責任が大きい。

だから、家庭から変わらなければと思っています。

 

不登校生徒の対応を担任・副担任に任せるのは大変、時間が足りない。

登校している子達のために全力で頑張りたい。

 

まずは 登校している子供のために全力で向き合いたい。当たり前ですよね。

9ヶ月前の私、不登校児に先生が大変な思いをしていることに気づかなかった。

昨年、クラスに3人の不登校児がいた。

私が学校に呼ばれたとき、その前にも違うお母さんがいた。

もう、夜遅い時間となっていた。

 

3人連続で深刻な話を聞くこととなる。

対応にどれほどの時間がとられているか。

大勢の生徒を抱えているうえに、夜間に特別な対応。

部活が終わった後。もう暗くなってる。

 

本当に申し訳ないと思っています。

不登校児がいるだけで、担任の仕事に大きな差が出ます。

それなのに、2年間も。自分からもう1年申し出てくれた。

 

いつも、すみませんと言い続けています。

謝るたびに、気にしないでくださいと言われる。

 

1学期、養護教諭に相談して、担任以外で対応できることをお願いした。

課題を受け取るのは担任じゃなくてもいい。

校内の他の先生に預ける。

なんとか、少しでも負担を減らしたいと思っています。

shock2020年コロナ再開後、公立中学校の教員の70%以上が残業45時間以上の現実

 

適応教室は親のプライドなのか行かせない。

 

適応教室に行こうと考え、子供に話したこともある。

家にひきこもるより 少しでも外に出てほしいです。

 

ここが不登校児の行くべき場所なら行ってほしい。

でも、行こうとしない。不安障害で新しい環境が怖い。

そっちも嫌だ、できないは、わがままと言われても仕方がない。

 

でも、そこで無理に行かせても 状況が悪化するだけ。

夕方登校が子供にとって精一杯なんです。

 

一時期は完全に離れていて それさえできなかった。

担任がここまでしてくれた。

そうやって なんとか繋がっている。

だから、それしか方法がなくて頼っています。

今の自分にプライドはないです。

 

教育委員会の学習支援員などが対応してほしい

教室に入れない不登校児の対応はリモート。

オンライン・通信中学校、教育委員会で対応してほしい。

学校に別で学習支援員を配置してほしい。

 

賛成です。リモート、オンライン学習、詳しい不登校児対応の専門教諭の配置。

これを国が全国統一でやってくれたらと思う。

H3年には60,000人だった不登校児がH30年には160,000人にもなりました。

この数字に含まれていない子もいると思う。

なんとか、子供の居場所を作ってほしい。

kizukiコロナ不安の子供へのオンライン授業ライブ配信|不登校児の除外問題について

 

不登校が長くなり、夕方登校の回数が増えてきた。

顔を出すだけで遅刻扱いとなる。

出席日数を少しでもと担任は考えてくれている。

学校と適応教室以外での出席方法があればと思う。

 



自己中心的。登校刺激を与えるなと言う。
他人の忖度がなければ人付き合いができないなら、一生 家にひきこもればいい。

集団生活が不可能。卒業したってひきこもり。

精神疾患で片付けるな。親の教育の問題。

この内容が一番こたえました。

 

登校刺激で家庭内が荒れます。

自己中心的。これは感じる。家庭内でもそうです。

おっしゃるとおりで、このままだと ひきこもりになる。

だから、なんとかしなきゃいけないと必死です。

 

子供の考え方を変え、成長させないと、社会に出て 人と関わりやっていけない。

専門機関の助言、これから家庭ですべきことを考えて実行するしかない。

 

精神疾患で片づけたくないです。

でも、集団活動に、想像以上のストレスを感じていることがわかった。

親として、子供の特性を受け入れ、そのうえで教育をしていかなければいけないと思っています。

 

兄弟での不登校は親の問題。

不登校の子で塾に通っている子はいない。

 

兄弟、双子、確かに多いです。

遺伝的な要素があるんじゃないかと思っています。

そして、一人 不登校児がいたら、家庭環境が変わります。

育て方というより、影響を受けます。

娘の友達は、お兄さんが不登校で家族が苦しんだのを見たから、いじめられても死ねと言われても 学校には行くと言ったそうです。

 

娘は心が回復してきてから塾に通っています。

一概にそうではありません。子供は変わります。

塾の先生は理解があり、心を開いています。

 

一連のツイートを読んで冷静に感じたこと。

今の学校システムから はずれてしまった子を、そのまま担任に任せることは無理がある。

 

先生方のやりとり、正直 傷つく言葉もたくさんあった。

でも、親もこれだけ大変。感情の起伏が激しい子供に振り回されている。

先生も振り回している。大変な迷惑をかけていることは事実。

 

娘は中3です。他の子達は受験生。一番大変な時期です。

感謝すると同時に、なんとかしなければいけないと改めて思いました。

 

最後に、嫌なことから逃げて楽しいことだけは甘えの言葉。

逃げなきゃ生きていけないほど追いつめられた時には通用しない。

正論だけど、もっと大切なことは生きることです。

 

それは、子供の苦しむ姿を見て感じたこと。

その時、私は不登校を受け入れました。

不登校にも いろんな子がいることを理解してほしい。

 

先生の力で救われた子供たちもいます。

また、先生の言葉から不登校になった子もいます。

子供たちにとって 学校の先生の言葉には力があります。

繊細な子には、先生の気持ちは伝わります。

experiences【体験談】高校での不登校の経験|その時の気持ちと先生への感謝 experiences【体験談】小6~中3の不登校|担任との出会い・適応教室・高校入学の経緯 experiences【体験談】不登校でも選択肢はあると知り気楽に|全日制高校に進学 experiences【体験談】高校時代、先生に夢を否定され不登校に。いまなお心の傷