これまでの経過まとめ

母の記憶|親に無理やり学校に連れていかれた思い出はずっと残っている

family

今回の記事は母の幼少期の話です。

 

娘のような不登校にはなっていませんが登校渋りはありました。

登園しぶりです。そう、幼稚園の話です。

 

幼稚園は徒歩コースでした。自宅から徒歩1.2分。

2年保育で年少の頃、行きたくありませんでした。

無理やり 門の前まで連れてこられて、母と先生が話していた記憶があります。

私は下を向いて泣いていた。もう1人、S君という男の子も泣いてた。

ハムスター涙

母と離れたくないとかそんなんではない。

とにかく幼稚園が嫌だった。行きたくなかったの。

 

給食がなかなか食べられなかった。

でも、残すことは許されなかった。そんな時代ですね。

罰として 窓の近くの高い場所に立たされていました。

いつまでも。みんなが遊んでる時間も。

 

その場所が怖かった。先生が怖かった。

先生の顔は思い出せないんだけれど場所は覚えてる。

 

運動会では一人だけゴールできなかった。

タイヤ転がしを一生懸命やってるんだけれど うまくいかない。

タイヤが倒れてばかり。最後は先生が来て手伝う。

みんなが見ていて恥ずかしかった。

 

母は「なんでアンタだけできないの」叱ってばかりいた。

今思えば、周りと同じことができなかったんだと思う。

 

園の特別扱いで、私ともう1人だけ 2年間同じ担任だったんです。

私にも なにかしらの発達障害があると今になってわかってきました。

娘の相談をしている時に医師に指摘されました。

当時は今のように診断や療育があまり行われていなかった。


これは、5歳の頃、もう、44年も前の出来事です。

最近思い出す。親に無理やり 手を引っ張られて連れていかれる。

そして先生に引き渡される。

断片的ですが、結構鮮明に映像が浮かびます。

 

なら、娘も覚えているかもしれない。

私は同じことをしてしまった。

嫌がって泣いた時に無理やり連れて行ったことがある。

幼稚園、小学校・・・。中学もだね。

 

これ、逆のことも言える。

気分転換にサボって動物園に連れて行ったこともある。

幼稚園の頃です。覚えているかな。

 

なぜ、こんな話をしたかと言うと この体験談がきっかけです。

experiences【体験談】小学校で数ヶ月不登校・高校は全日制へ・親の器の大きさ

 

学校に行けなくなったときに 親のとった行動。

子供は覚えているんです。たとえ幼くても。

時間とともに忘れたり、封印されていたけれど 潜在意識に残ってる。

 

良い思い出よりも、嫌に思い出の方が残っているんですよね。

娘が言っていたように。なかなか消えない。

これも、特性かもしれないですね。

gimon娘の言葉|失敗が怖い。嫌な記憶の消し方は?失敗経験の大切さを思う