心理カウンセラーが語る不登校の子どもへの親の対応(声かけや接し方)

counselor

不登校になったばかりの頃が一番どうしていいのか わかりませんでした。

一番辛い時期です。とにかく、あせって 余計なことを言ってしまうんですよね。

子どもを追いつめて どんどん悪循環となっていきます。

少し冷静になることが必要です。

 

今回、心理カウンセラーさんに、子どもへの声かけや接し方について聞いてみました。

りら

心理カウンセラーさんご自身も不登校経験者なので、子供の気持ちがよくわかっています。

 

体験談はこちらです。悩んでいる子どもたちへのメッセージです。↓

counselor心理カウンセラーとなった今、不登校体験を振り返って子ども達に伝えたいこと

 

kasen

子どもが不登校になると、親御さんの多くが不安になり「早く学校に戻れるように」と焦りが全面に出てしまいます。

子どもの将来の為にも学校に行かなくてはいけない、休めば勉強に遅れがでて後々本人が苦労するからなど、子どもの為に頑張っているつもりになってしまっていませんか。

もちろん、子どものことを一番身近で見てきたからこそわかることもたくさんあると思います。今までそんな素振りさえ見せなかったのに、いきなり学校に行かなくなってしまった子どもに対して、心配にならない親はいません。

 

子どものことを大切に思っているからこそ、必死に説得してしまいがちです。

でも、それって本当に子どものことを一番に考えているのでしょうか。

不登校になっている子どもたちは親が思っている以上に心身ともに疲弊しています。今はネット社会なのもあり「不登校」に対しての情報が以前よりも簡単に手に入るようになりました。

不登校になってしまった自分を責め、どんどんネガティブになってしまいます。

それなのに「何があったの?」「お母さんに話して欲しい」など理由を聞き出そうとしていませんか。

ときには不登校になっている子どもに責めるような言葉をかけてしまっていませんか。

 

一番注意しなくてはいけないのが「あなたのせいで」などの、本人を全否定するような言葉をかけてしまうことです。

子どもが不登校になると、親御さんのなかには自分に余裕がなくなり子どもに思いがけず否定するような言葉をかけてしまうこともあります。

高圧的な話し方をする親だと子どもが自分に自信がもてなくなり、意見をいえなくなってしまいます。

子どもは一番の理解者であり味方でなくてはいけない親に否定され、引きこもってしまうこともあります。

 

子どもが不登校になると親にとっても大変です。

はじめてのことで、どうしたらいいのか戸惑うことばかりだと思います。

子どもを無理に学校に行かせるのではなく、自分から行きたいと思うまで待ってみるのも一つの方法ではないでしょうか。

 

子どもが前向きになってきたら「一日だけでも行ってみたら」と冗談めかした言い方で、子どもに負担をかけないように伝えてみてください。

不登校で部屋に閉じこもりがちであれば、一緒に御飯を食べに行ったり、旅行に行くのもいいと思います。

私が不登校で悩んでいたとき、母が近場の温泉街にいきなり旅行に行こうといいだし、二人だけで行った記憶があります。

お互い無言でほとんど話もしませんでしたが、痛いほど母の気持ちが伝わってきたのを覚えています。

 

子どもにとって親は常に味方でいなくてはいけません。

否定するような言葉も無理に学校に行かせようとするのも、本当に子どものための言動なのか見直してみてくださいね。

 

counselor学校に行きたくても行けない。教室に入れない子|心理カウンセラーに聞きました