不登校の子の修学旅行、わが家の選択|参加、途中参加と不参加の選択肢について

cry

娘は中3なので修学旅行があります。中学3年間の中で一番大きな行事ですね。

中2の秋から不登校となりました。

小学校の修学旅行、中2の野外活動は参加しました。楽しい思い出となっています。

結論から言うと不参加としました。今回の記事は修学旅行の不参加を決めるまでのわが家の話です。

学校とのやり取りについてです。

 

コロナ禍での修学旅行、同意書とキャンセル料

去年の今頃は当たり前のように行けると思っていました。

今年はコロナ禍ということもあり、日程と場所が変更となりました。世の中も変わりました。

修学旅行自体が中止となれば全額返金となります(市が負担)

個人都合の場合はキャンセル料がかかります。

同意書の提出が全生徒に求められました。

「不参加」で提出すれば キャンセル料がかからず全額返金されます。金額は5万ほどです。

 

不登校の子でも修学旅行に参加するのはありなの?

ありです。このブログの不登校経験のあるライターさんは修学旅行に参加しました。こちらが経験談です。

counselor不登校の修学旅行問題|参加した思い出を心理カウンセラーさんに聞きました

また、行事だけ参加することに関しても書いていただきました。

counselor心理カウンセラー目線|学校行事だけ参加する・したい子どもの心理とは

 

担任からは「不登校でも修学旅行だけ参加する子の前例はたくさんあります。ぜひ、前向きに考えてください」と言われました。

Twitterで知り合ったお母さん達とも話しましたが、修学旅行に参加できたお子さんも多くいました。



行きたいかどうか。行けるかどうか。希望と現実の葛藤

学校側は修学旅行が良いきっかけとなる。学校に足が向く。そう考えていました。

もちろん、私も希望は叶えてあげたかった。

コロナで休校中、娘が修学旅行に行きたいと何度も言っていました。

修学旅行を目標に復帰したいって。でも、学校再開後も不登校となりました。

 

学校に行っていないと、グループ、部屋割り、役割分担などの話に参加できません。

それでも、先生と友達が考えて、グループ・部屋割りも進んでいました。

夕方登校で担任と修学旅行の話をしていました。

娘は行くつもりでいたんですね。本当に楽しみにしていた。

 

もしかしたら行けるのかな? 修学旅行の頃には変わっているのかな?

娘が希望を持つことが嬉しかったし、私も前向きに考えている時期はあった。

 

でも、ある時期から、私と主人は行けないと思っていました。

電車にも ずっと乗っていない。公共交通機関を利用できなくなりました。

修学旅行は新幹線、バス、船で移動します。

 

みんなと同じ時間に寝て、起きて、食べて、行動しなければいけない。

起立性調節障害になってから、早起きが難しくなっています。

不安障害で集団行動ができなくなっています。大勢いる場所が苦手です。

とてもじゃないけど、2泊3日の全行程がこなせるとは思えない。

 

娘は現実がよくわかっていないんですね。自分の心に起きていること。

学校に行きたくても行けない。同じように、修学旅行も行きたくても行けないんです。

現実が受け入れられない。今までできていたんだから行けそうな気がする。

でも、当日になって やっぱり行けないとわかり苦しむ。その繰り返しなんです。

 

少し違いますが、娘を出産前に 私はパニック障害になったことがあります。

電車や飛行機が怖くなった。海外旅行に行きたくても行けなくなった。

「行きたい?」って聞かれたら「行きたい」です。けど 現実的に行けない。

担任が娘に「修学旅行に行きたい?」って聞いたら、「行きたい」って答えるでしょう。

 

そのあたりのことを伝えた。担任に行きたくても無理なんだと。

けれど「本人は行く気だし、お母さんも前向きに考えてください」と言う。

不登校の子にもいろんなパターンがある。修学旅行に行ける子もいるでしょう。

ただ、娘の場合は難しい。不安が大きい子です。主治医も難しいと言っていました。

 

今までは直前キャンセルも大丈夫だった。でも 修学旅行はそれが難しい。

参加できなければ落ち込むでしょう。自己否定感がさらに強くなる。

みんなに迷惑をかけたと思う。家族に対しても、金銭的負担を申し訳なく思う。

参加できたとして、不安が大きくなりパニックになって行動できなくなったら、私が迎えに行き途中で帰ることとなる。

 

学校側は娘に配慮して部屋割りを決めた。行かないなら早めに行ってほしいと言いました。

ありがたい配慮ですが、みんなに迷惑がかかる。

行けるかわからない娘より他の子を優先してくださいと伝えました。

娘にも確認したら、それだけは絶対にやめてほしいと言いました。

 

わが家で修学旅行がどんどんプレッシャーとなっていきました。

同意書の期日が迫ってきたので 本人に現実的な話をしました。

そうすると娘は不安定になる。泣く日々が続きました。

もう そのことで頭がいっぱいになる。他のことが手につかないようになりました。

この心の状態がやっぱり病気なんだと思う。

 

そして夕方登校にも行けなくなりました。担任からの電話も出なくなりました。

担任は本人の意思を確認しようとする。母親ではなく本人の意見を聞きたい。

でも避ける。学校との板挟みになり、私も疲れてきました。

 

本人に決めさせて納得させようとした。私が決めたら ずっと私のせいとなるでしょう。

でも、決めない。家庭内が荒れてきました。どうしようもない苛立ちをぶつけてきます。

 

追いつめられた二人を主人が見て「俺のせいでいい。俺が持っていく」と言い出しました。

結局、夫婦で同意書を提出しに行きました。期日の最終日の夜でした。

学校側もそのまま家族の判断として受け入れてくれました。

主人が学校に行ったことが大きかったと思う。

 

学校に行かず修学旅行にだけ参加するのはおかしい?

時には厳しい意見もあります。

rainbow行事だけ来る不登校児は怠学|嫌なことから逃げ楽しいことだけは甘えなのか

主人は学校に行けない子が修学旅行にだけ行きたいのが理解できないって言いました。

中3になってから、分散登校で1日しか行っていません。

クラスメイトを全員知りません。あったことがない子が何人もいます。

 

その状態でどうしていきたいと思うのか? それこそ視線が怖いだろう。

俺なら行きたくない、おかしいだろうという意見でした。

そして、楽しいことなら参加したいと思う。それが理解できないって。

行かせたいと思い悩む私と、家族内でも温度差がありました。



修学旅行の選択肢として一部参加もあることを知った

養護教諭に、娘が行きたくて悩んでいるけど現実的に厳しいということを相談しに行きました。

養護教諭は娘と同じような子たちをたくさん見てきたので詳しいです。

そんな子たちは修学旅行をどうしたのか参考に知りたかった。

 

不登校の原因、パターンによる。行ける子もいる。全行程問題なく参加できる子もいる。

可能性がないとは言えないけど、娘の場合は難しい気がすると言われました。

 

他の選択肢として

親が同行し 近くにホテルをとって一緒に泊まる。日中だけ参加する。

1日だけ、例えばディズニーランドやUSJだけ参加。仲の良い子とグループでの行動だけならできる子もいる。

そんな前例がたくさんあると初めて知りました。

 

娘の場合、日帰りでテーマパークだけ合流参加ならできるかもしれないと思いました。

往復は主人の運転で車で行く。園内で仲良しの友達とグループ行動ならできる。

 

娘にその話を伝えましたが、その選択肢はないと言われました。

0か1しか考えられない子です。みんなと一緒に最初から最後まで行く選択肢しかない。

 

修学旅行に対して思うこと

養護教諭に、修学旅行の二泊三日よりも先のことを考えた方がいいと言われました。

私もそう思った。希望を少しでも持ち、参加と提出しても当日まで悩む。どうしようの状態が続く。

修学旅行は こんなに悩み苦しんでいくものじゃない。

友達とはまた旅行に行けます。もっと大切なことはある。まずは元気になることです。

 

返金されるお金で、コロナが落ち着いた頃に家族で旅行に行こう。何か好きなものを買おうと話しました。

それでも友達と行きたかった、家族との旅行は違うと泣かれました。

たくさん泣いた姿を見た。辛い時期でした。ようやく落ち着いてきました。

これがわが家の決断です。

thinking修学旅行の意義|一生の思い出作り・行けない子は後悔・かわいそう? rainbow不登校になってからの体育祭(運動会)|保護者席で私服の娘と見学した親子の想い