【体験談】いじめから不登校|家庭教師・サポートのある高校で無理なく通学

experiences

 

私は、中学時代にいじめに遭い不登校になりました。

 

しかしながら、勉強は嫌いではなかったため、自主学習と家庭教師の方と共に、自分なりに真面目に取り組みました。

 

そんな私が進学先に選んだ高校は、私立の不登校の生徒を受け入れ、学びをサポートするクラスのある学校でした。

 

基本的には自主学習ですが、そのクラスにも担当の先生がきちんといらっしゃり、その他の教科の先生方も分からないところを空いている時間に見てくださるなどのサポート体制が整っていました。

 

そのため、一般の生徒との学びの格差を少なくすることができたように思います。

 

また、大学進学を決意してからは、より学習に身が入り、さらには先生方のサポートもより手厚くなり、無事に志望大学に合格することができました。

 

今振り返っても、高校時代の手厚いサポート体制がなければ大学進学は難しかったと思いますし、今の私はいなかったと思います。

 

さまざまなハンディを抱えながらも、そのなかでできることを精一杯行えば、不可能が可能になる可能性があることを私は身を持って実感しました。

 

そのことにより、粘り強く頑張りつつ、決して無理をしないと言うバランスの良い生き方ができるようになりました。



りら

ここからは管理人が書いています。

 

この体験談は不登校であった本人が書いてくださいました。

 

いじめが原因の不登校です。

学校には行かない選択。でも、勉強は家庭教師の先生と しっかりとした。

無理して学校に通わなくて良かったと思います。

 

不登校の子でも通いやすい高校に進学し、志望大学に合格。

家庭教師、不登校に理解のある 良い先生方に恵まれたんですね。

 

頑張ることは大切だけれど、決して無理をしない。

不登校児はギリギリまで頑張って、我慢して 心に余裕がなくなってしまう子も多い。

そうなると、勉強もできないし、前を向けません。

バランスの良い生き方という言葉が印象的です。

 

りら

とても貴重な体験談をありがとうございました。

experiences不登校とその後の進路について|みんなの体験談を紹介します