タブレット学習スマイルゼミの効果や料金は?活用した口コミや体験談

smile review

この記事では、ジャストシステムが運営するタブレット型通信教育 「スマイルゼミ」を受講している お子さんの親御さんに体験談を書いていただきました。

 

2020年春から、年に3回の長期休暇にタブレットより全国学力診断テストが受けられるようになりました。

全国的に どれぐらいの学力があるか、どこが苦手なのか把握し対処することができます。

タブレットなんですが、タッチペンが手をついて書け、紙教材のようにしっかりと書けるように工夫されています。

小学1年生から英語も配信。中学生は副教科を含む9教科対応です。

また、学習量が1.5倍の発展クラスもあり、お子さんのペースに合わせて選択が可能。

小学生講座はプログラミングも追加料金なしで学べます。

専用のタブレットを使います。このタブレットについてデメリットと感じる人もいますが、終了後に通常のタブレットとして使用できることをメリットと感じている人もいます。

 

体験会、オンライン説明会、5分でわかる動画も用意されています。
無料で資料が請求でき、今だけ、全額返金保証中(全講座対象)です。

小学生向けはこちら
(新1年生は年少の12月~)


中学生向けはこちら



口コミは随時、追記していきますね。

kasen

10歳の子が使用して2年目になります。スマイルゼミ・小学5年コースを受講しています。

シンプルでわかりやすそうで、キャラクターも出てこないのが飽きなさそうだと思ったので選びました。

ネットでの評判も良く、特に英語はネイティブの発音で良いとのことで期待ができました。

周りの友達もやっていて楽しそうで評判が良かったです。

価格については妥当だと思います。

利用し始めの頃は夢中になって毎日やっていました。

特に勉強を頑張ったあとに遊べるゲームのアプリが楽しいようで、それを目当てにやっていました。

また、スマイルゼミは集中出来るようなので、気持ちを落ち着かせたい時にもやっていました。

教科書に沿った内容で、ゲーム感覚で進められるようです。

成績は良い方です。ただ2年目に突入すると、ゲームにも飽きてきたようでそれ目当てではなくなりました。

メリットは、タブレット一つで学習が出来ること。外出先でもこれ一つでOK。

タッチペンの感度が良いみたいで、余白にイラストなど落書きをするのも楽しいようです。

デメリットは特にないですが飽きてくると自分からやらなくなること。

特に高学年になると問題を解くのに時間が掛かるので、億劫に感じることもあるようです。

休校により授業が進まなかったので、スマイルゼミの内容とズレが生じ問題がわからなくなってしまいました。

それにより休校中はほとんどやっていなかったようです。

 

スマイルゼミを小学校1年生から5年生まで使用していました。

最初はタブレットを用いての学習でしたので、面白く自分で積極的に使用していましたが、そのうち飽きてしまい、あまりやらない時期がありました。

それからは、朝の10分だけやるように朝少し早く起こしてやらせていました。

机に座ってきっちりやらせるのではなく、ゴロゴロ寝ながらの使用でしたが、手軽でその日の自分の気分で教科を選んでやっていました。

内容も教科書に合わせたものでしたので、予習になっていたようです。学校の授業では困らないようでした。

成績は大きく伸びるようではなかったので、タブレットだけの学習では足りない感じがします。

また、学習すればそれだけ、ゲームができたりと機能が付いていましたが、あまり面白いゲームではなく、もう少し魅力のあるゲームが付いていれば、もう少し学習を頑張ったように思います。

結局、6年生で塾に行かせましたのでやめました。

印象としては、成績を上げるというよりも学校の授業についていける程度の学習になったと思います。

タブレット使用によって、手軽で親としても管理しやすい利点がありました。

 

うちは、スマイルゼミを今年の4月から始めました。

きっかけはやはり、緊急事態宣言での休校でした。

上の子どもが4年生になり、4年生は重要な年で今年、勉強が分からなくなると今後ずっとついていけなくなると周りの先輩ママさんに聞いていました。

うちの子は塾も公文も勉強系の習い事はしておらず、私自身が焦り始めました。

周りの子どもたちは、4年生にもなるとほとんどが塾に行っていて、休校中もオンライン授業が始まっていて、教科書すら手持ちぶさたになく、まず何から勉強をさせたら良いか分かりませんでした。

そんな時にスマイルゼミの案内がきて、内容がわかったのでとても安心しました。

申し込みをしたら、すぐに到着して始めることができ良かったです。

後はコマーシャルの通り、勉強をした分 星がたまり、ゲームができるのでずっとのめりこんでしていました。

マイナス点はタブレットを購入しないとだめなとこかなと思います。

自分のうちのタブレットでできたら、より良いのになぁと思いました。

周りにも進めましたが、やはりタブレットはいらないと言われ、もったいないなと思いました。

 

スマイルゼミを小学校4年生から使用しており、現在は5年生です。

タブレット学習というのが子どもには楽しいようで、始めた時は暇さえあればタブレットを触っていました。

とはいえ、ずっと勉強をしているわけではなくて、絵を描いたり写真を撮ったりすることもできるので、そういうオプションが使えることが嬉しかったようです。

勉強は、途中、やらない期間がありました。

そんな時は「タブレット返却するよ」というと慌てて取り組んだりしていました。

今は習慣になってきたようで毎日続けています。

成績も上がってきたように思います。

いいなと感じる点は、自動的に採点をしてくれるので 親が丸つけ等をしなくていいので楽なところです。

また、全教科カバーしているので、教科毎に本を買ったり等の手間がなく経済的なのもいいと思います。

英語は発音もチェックしてくれますし ありがたいです。

プログラミング学習ができるのも今の時代に合っていていいと思います。

子どもも、謎解きのように楽しくやっています。

残念な点は、時々エラーが出て使えなくなってしまうことです。

紙の教材なら、例えばページが破れても、他のページをやる、ということができますが、タブレットでエラーが出ると、使えない時間ができてしまうので、時間の無駄を感じてしまう時があります。

それがちょうど、子どものやる気がある時だったりするので、エラーが出た時は、紙の教材だったらこういうことはないのにな、と思うことはありますね。

もう少し安定して使えるといいですね。

受講料は一括払いをしているので、月換算だと5200円です。

全教科網羅していることを考えると高くはないかもしれません。

総合的には、親も子どももやっていてよかったと満足しています。

 

息子は、今スマイルゼミを利用しています。

元々塾に行っていましたが、反抗期真っ盛りで、行くのを嫌がりました。家でするのだったらいいというので通信教育に変えました。

通信教育でスマイルゼミと進研ゼミとで迷いましたが、スマイルゼミの方は、3月に終了した後、通常のタブレットとして使えるメリットがあったので、スマイルゼミにしました。

実際、スマイルゼミで1教科勉強することにポイントが与えられ、それを貯めることでインターネットを利用することができます。

インターネットの利用時間、利用時短帯も保護者の方で調整ができます。

我が家は、20時~23時のみインターネット可能に設定しています。

苦手科目は、進んでやらないことがあるので、ポイント進呈を倍に設定しています。

本人のレベルに合わせて、入試対策講座の配信内容も変わるので、息子の苦手科目や苦手分野に合わせてもらえるのがいいと思います。

合格者の体験談や、併願校の決め手の話もあるので、高校をどこにするかの参考になりました。

塾には塾のよさ、通信教育は通信教育のよさがあると思います。

我が家はスマイルゼミでよかったと思っています。

 

スマイルゼミを受講しています。受講期間は3年間です。

小3の子供が使っていますが、成績維持に関しては毎月きちんと内容を終わらせていれば、問題ないぐらいまで維持できます。

紙ベースのものは、教材が増えて家が散らかるのと丸つけができなくなる未来が見えたので、タブレット一択でしたが、中でもスマイルゼミのご褒美ゲームでモチベーションが上がるという話を聞いたので選びました。

子供は基本的に勉強するのが面倒というタイプで、宿題をやらせるのもグダグダしていますがタブレットなのでソファーでもできるので気軽に勉強しています。

学校の勉強の先取りも出来るので(少し)授業内容がわかりやすいと言っています。

低学年のうちは、費用も塾などより格安で年払いで5万円以下で済みます。

お友達の家で試しに使わせてもらったので無料体験はやりませんでした。

休校中は学校の勉強以外に使っていましたが、正直すぐに終わってしまって別のドリルを追加購入していました。

1日20分くらいやると15日位で終わるくらいの量なので、他の習い事と併用できて子供も嫌がらない程度の量なのでとても良い教材だなと感じています。

無料資料請求はこちらから
スマイルゼミ

home study自宅学習|オンライン塾・家庭教師・通信教育の口コミ・体験談まとめ ex teacher元塾講師目線|不登校児におすすめの塾・家庭教師・通信教育の選び方