不登校のきっかけについてアンケート

心の治療優先|11ヶ月ぶりに電車に乗れ、一人でレジで会計ができたよ

joy

不登校となってから、たくさんのことができなくなっていった。

でも、今は少しずつできることが増えている。それも書きとめていこうと思う。

 

昨年12月に隣の市の病院に行ったのを最後に公共交通機関を利用していません。

その日は電車と地下鉄を利用して行きました。片道1時間30分ほどかかります。

地下鉄はかなり混んでいました。娘はものすごく嫌がっていました。

今思えば怖かったんですね。人込み、音、雰囲気が嫌だって。

 

でも、それまでは普通に利用していたんです。

1年前、合唱コンクールの会場に向かうために学年全員で電車で行きました。

友達と楽しく行って帰ってきました。

 

不登校となった時点で、かなり不安感が強く、それに気づかず遠方の病院に連れて行った。

娘自身も気づいていなかったと思う。だから、嫌がらず すんなり行った。

でも、前と感覚が違った。その病院に二度と行くことはなかった。

あれから、移動はマイカーのみ。コロナの影響もあり遠出もしなくなりました。

 

修学旅行も不参加にしました。高校の説明会にも行けません。

これは電車に乗れないだけではなく、その場所に入れないからというのもあります。

担当者に会って話を聞くことも難しい。今の状況のままでは、高校に通学するのは難しいです。

 

これが今の一番の悩みです。通信制高校がありますが、それでも説明会に行き、面接はある。

スクーリングもあります。

 

最近、ようやく通信制高校の資料を見るようになりました。

現実を受け入れないと言うか、ずっと避けていたんですね。

 

2日前に初めて「 週1、週2ぐらいは通学したい、行事も参加したい。友達できるかな」と言いました。

通学したいなら、電車や地下鉄を利用することになります。キャンパスが近くにありません。

 

2駅先に大きなショッピングセンターがあります。

昨日、「電車に乗って行ってみよっか」と提案しました。

ただ、適応教室が唯一午後から個別学習の日。

聞いてみたら、「今日は適応教室か保健室に行くからいい」と言ったのでやめました。

 

でも、結局 どちらも行けませんでした。行きたいけど、行けないって泣いていました。

適応教室は、先々週 駐車場まで行き、車から降りれなくてそれっきりです。

私は「行かなくても大丈夫」と言っていますが、本人が行かなきゃと思ってるんです。

週1ぐらいは学校か適応教室に行かないと罪悪感がある。

そろそろ行かなきゃと思う。担任からも電話かかってくるしね。



今日の朝、また声かけをしてみました。

「秋冬用の服を買いに行こう。本や雑貨もあるし、何か好きなものを買おう。

学校はいいじゃん。出かけよう。行くなら12時ぐらい。フードコートでなんか食べよう。」

 

実は、今日は私も出かけたかった。家にいたくなかったんです。

中学で進路説明会があったんですね。担任は私にもできたら出てほしいと言いました。

全日制高校の受験についての説明です。

全日制高校はもう考えていないんです。娘も行かないって言っています。

 

近所のお母さん達が家の前を通ります。現実逃避したくなりました。

母も学校に行きたくなかった。さぼりたかったんです。

 

その時間に本人が出かけようとしなければ 何も言わないつもりでした。

そしたら、「そろそろ支度しなきゃ」って自分から着替え始めました。

心の中でガッツポーズです。自分から行こうとしたら きっと行ける。

 

気が変わる前に出発しました。

駅に着き、だんだんと無口に。改札を通って、待っている間はやっぱり不安そうでした。

電車はガラガラです。2駅先は終点なんです。まずは、人が少ない時間と行先を選びました。

それでも嫌がったら帰るつもりでいました。

 

電車に乗れました!駅から歩いてショッピングセンターへ。

着いてからは楽しそうに買い物をしていました。

本やグッズ。そして試着してボトムを買いました。

 

服も、これがいい 、これはあんまりって意思表示をしていました。

モチベーションが低い時って、なんでもいいって興味を示さないから。

 

フードコートで一緒にラーメンを食べました。出かければお腹も減るんですよね。

こういうフードコートも少し前は嫌がっていたんです。

出かける時は「お昼は なんか買って帰る」って言ってたけど 、「まだ買い物したいからここで食べる」って気持ちが変わりました。

 

食後、思い切って娘を一人にしてみました。

「疲れたから ここで座ってる。自分の好きなものをお小遣いで買っておいで」って。

別々の行動は近所のスーパーではしていました。

ただ、レジは一人で行こうとしなかった。私が来るのをいつも待ってました。

知らない人に話しかけられるのが怖いから。

あとは、みんなが学校に行っている時間だからですね。

 

しばらくしたらLINEが入った。ちゃんと買い物できていました。読みたい本を買った。

これも、不登校となってから初めて。

 

トータルで3時間ぐらい歩いたんじゃないかな。

私はヘトヘトでした。娘は元気。やっぱり若いなー。

 

無理して学校に行くより、充実した楽しい一日でした。

たくさんの笑顔が見れた。学校から離れれば元気になるんですよね。

楽しいことをしていれば元気。それが甘えかというと違う。

心の治療です。今、この時間が必要なんです。親子とも。

 

できなくなっていたことができたら自信につながる。

「今度は友達と一緒に来たい」って言っていました。

 

次は違う場所に行こうと思う。少しずつ慣れていけたら。

高校にもきっと行ける。すぐじゃなくても行ける日が来る。

無理せず、ボチボチとやっていこう。

shock「甘え」に見えることは、親が悩み試行錯誤の結果、今はそれしかないから