不登校のきっかけについてアンケート

引越・転校により小学生で不登校|復帰とたくましく成長した経験談

experiences

 

長女が小学4年生の時、関西から東京に転勤するにあたって、なかなか友達ができず一時期不登校になったことがありました。

 

特にいじめられていたわけでもないのですが、自分自身の関西弁が恥ずかしいと言う羞恥心が一番大きな理由です。

 

また、周囲のお友達が非常に勉強ができることも本人にとっては低めだったようでした。

 

結局は1ヵ月程度学校に通うことができなかったのですが、その間も担任の先生から毎日連絡をいただき宿題等はきちんとこなしていたので勉強に遅れはなかったと思います。

 

また、転勤したばかりで家内も仕事をしていなかったのでコミニケーションの面でも特に問題なく生活ができていました。

 

正直なところ、本人にとって人生で初めての引っ越し、さらに慣れ親しんだ場所から移ったこともありマイナスに考えてしまうのは仕方なかったと思います。

 

あれから10年近く経ちますが、周りのお友達も良い子が多く、娘を受け入れてくれたことに関しては本当に感謝しなければならないと思っています。

 

結果的に娘もこの経験を経て非常にたくましくなったのではないかと思います。

 

誰もが人生で1度位は通る道かもしれないので、この程度で乗り切れたのは本人にとっても良かったかもしれません。

 

1ヵ月の不登校の経験が彼女を成長させたと思います。