小学生の付き添い(母子)登校体験談|いじめ・カウンセリング・通院で解決

cry

小学校1年生の1学期、義務教育となって、最初に「不登校」を身近に感じたのは この時でした。

その頃を振り返り書いてみます。

(2020年秋、中学2年で完全に不登校となりました。当時書いた記事を少し訂正を入れて更新しています。)



先生は違うって言ったけど『いじめ』だよね?

この時は登校できなくなった原因がはっきりとしていました。

一連のきっかけは いじめです。

担任は いじめはないと言ったけれど、いじめです。

 

娘が1年生の時、担任との交換ノートをしていました。

やりとりというか娘からの連絡だけですね。

娘は自分から あまり話さない子。

担任は「言えないんだったらノートに書いて渡して」と娘にこのノートを渡しました。

「物がなくなったら書いて」と、めんどくさそうでした。

 

最初に異変に気づいたのは 入学して しばらくしてから。

「消しゴム落としちゃった。」そんなことを何度も言うようになった。

「誰かにとられたの?」って聞いたら、「違う。落とした」と言う。

仕方ないなって思って、買っては持たせた。

 

「物は大切にしなきゃだめだよ」って叱ったこともある。

もっと、ちゃんと聞くべきでしたね。

楽しそうに笑顔で通っているように見えた。

帰宅後も友達と約束しては遊んでいました。

 

ゴールデンウィークが明けて、ある日 玄関でいつものように「いってらっしゃい」と言っても動かない。

振り返り泣き出した。玄関から行けない。

ハムスター涙

そこから、家の中で話しを聞きました。

「貸してって言われて貸した。その後 ゲームだって隠されて探した。でも帰るまでに見つけられないの。」

「いつも二人で一緒にいた子が話しかけても口をきかなくなった。笑いながら逃げちゃうの。」

「もう学校に行きたくないよ。」

 

腕の傷を見つけたこともあった。

赤く引っかき傷みたいなんだけど 鉛筆で すーっと引かれている。

ミミズ腫れになってる。自分でそんな場所に書けるわけない。

「どっかに引っかけた?」って聞いたら「隣の子が鉛筆を削り 尖った先で試し書きをした」言った。

 

担任の対応・交換日記の開始

担任に全部話した。

後日の報告は「物がなくなった件は、他の子達に聞いて探した。出てきた消しゴムは 一度全部預かる。

なくなったら取りに来て。買わないで下さい。ノートで連絡してください。」

どれも いじめというより 遊びでふざけていただけ。そんな説明だった。

 

身体に傷をつけた子からは謝罪。

無視していた子は 入学して慣れない環境で疲れて話したくなかった。

今は仲良くしているから もう問題ないとのこと。

すべて解決済みですで終わった。

担任はそこまで深刻には捉えていなかった。

 



学校に行きたくない? これは仮病? 体調不良?

その後 落ち着いたように見えていました。

6月に入り、登校前 頻繁にお腹が痛いとトイレから出てこなくなった。

何度もトイレを往復するうちに通学班に間に合わない。

 

最初は学校に行きたくないからかなと思ったけど、実際に見たら下痢のような便。

仮病ではない。顔が真っ青で痛がっている。

 

それだけじゃない。頭が痛い。歯が痛い。次々と言う。

歯が痛いと食べないから歯科へ。

歯科では「どこも悪くないけど、嫌なことがあって食いしばるとそうなることもあるかもしれない」と言われました。

寝る前に泣くようになった。なかなか寝ない。

元気がなくなった。子供から笑顔が消えた。

 

病院を受診して詳しい検査と結果

近所の内科医は この時期の一年生 そういうこともある。

ほっとけばいいと薬もなしでした。

安心したけど、体調不良はひどくなる一方。

総合病院の小児科を受診しました。

 

年配の男性の医師が担当でした(この医師が不登校となった今も主治医です。)

doctor

優しく これまでの経過を聞いてくれた。

私は深刻だったけど 医師はニコニコして笑っていました。

まず、身体に異常がないか、血液検査、検尿・検便・レントゲンなど一通りしました。

結果は異常なし。精神的なものと診断。

 

でも、この医師が「ほっておいたらいかん。心も立派な病気。今のこの子には治療が必要。しばらく通って」と言いました。

私は検査と薬の為に通院したつもりだったから、カウンセリング開始?と戸惑いました。

心の病気って、あの頃は なんとなく受け入れていなかったように思います。

 

カウンセリングの必要性

娘が赤ちゃんの頃から、どんな性格の子なのかを判断していました。

娘と私の会話や様子を見て、私にアドバイスをしました。

「この子、お母さんに似てるでしょう」と言われました。

「まずは お母さんがどっしりと構える。神経質にならない。伝わるよ。繊細なところは良くもある。伸ばせばいい。ただ慣れるまでに時間がかかる子。躓いたら 少し手助けが必要だね。」

そんな内容を言われました。今に繋がってるんです。

私は躓く前に助けようとした。過保護だった気がします。

 

発達障害を疑ったことがあります。甥が自閉症です。

その時にたくさん調べた。娘にもその傾向があるのか聞いてみた。

この医師は発達外来も担当している。

 

「この子は違うな」と即答されました。

何度かカウンセリングをして、子供と話した後です。

そう、この頃はそういう診断でした。

【追記】中学3年になり、ウィスクの検査に進みました。

医師に、あの時は・・・って話をした。

そんなはっきりとした わかりやすいものではないと言われました。

思春期にわかる二次障害があることを知りませんでした。

 



漢方薬が不登校・体調不良に効く?即効性は?

漢方薬が出されました。初めて、娘が飲んだ漢方薬は小建中湯。

 

甘くて飲みやすい漢方で子供が嫌がらず、4ヶ月ぐらい飲みました。

消化器官の不調、腹痛や神経症、虚弱体質な子供、夜泣きなどにも効く薬だそうす。

これね、起立性調節障害にも効果があり、のちに処方されることとなりました。

 

小建中湯を起立調節障害を伴う不登校児に投与したところ、14人中9人が4週間以内に登校を再開したというデータがあります。

出典元:起立性調節障害治療.com

 

小建中湯が不登校に効果があるという記事を読みました。

あの頃、なんとなく感じていたこと。不登校にも効くんだ・・・。

 

最初は漢方薬なんか効くの? 子供に? 即効性あるの?今困ってるんだよと半信半疑でした。

けど、この時はよく効きましたね。

しばらくして腹痛が治まり、よく食べ 寝てくれるようになりました。子供の表情が明るくなった。

なんで夜泣きの頃、赤ちゃんの頃に知らなかったんだろうと思いました。

この子にはこの漢方薬が合った。

 

医者が「お守りのように飲ませて下さい」と。

私は「これ飲んだら大丈夫だよ」って飲ませた。

娘はお守りって呼んで学校にも持って行っていました。

お腹が痛くなったら飲めるように。

実際には一度も学校で飲んでいません。

気持ちの面で重要だったようです。

 

カウンセリング・漢方治療が終了するまで

6月から夏休み前までは 親子でカウンセリングを受けつつ 漢方薬を貰いに通院。

娘がおじいちゃん先生に会いに行く!って喜んで行っていました。

あの頃は幼くて、カウンセリングにも抵抗がなかった。

 

学校に行っていたので、途中からは私一人でいいと言われました。

学校での状況などを話しました。

 

私の話を聞きながら、面白い子だねぇと笑っていました。

娘の個性を褒めてもらえて嬉しかったです。

 

途中からは、娘より 私のカウンセリングをしてくれていましたね。

病院に行った帰りに気持ちが楽になったことを覚えています。

それは、今も変わらない。本当にこの医師に助けられています。

 

総合病院の小児科なのに親だけ。不思議ですよね。

「いつまで続ける必要があるのか」聞いたら「2学期の最初に また躓くかもしれない。それをクリアしたらいったん終了でいいよ」と言われました。

2学期が始まり、運動会が終わり 落ち着いた頃、ちゃんと学校に楽しく行けていることを報告して、治療終了となりました。

 

この医師は漢方ではこの地方で有名な先生で本も書かれています。

小児漢方で 夜泣きに悩んでいるお母さんに親子一緒に漢方を処方したり、いじめや不登校の相談、取り組みをしている医師です。

この経緯があり、娘が中学2年生で体調不良、「学校に行けない」と言った時、この医師を探しました。

 

そして、7年後に再会することとなりました。

 

きっと、また学校に戻してくれる。そう思った。

けれど、思春期の不登校は簡単ではありませんでした。

 

母子登校・付き添い登校についての学校対応・母のやり方

通学班で行けなくなってから、しばらくは親子二人で登校していました。

最初は 何でみんなと同じことができないんだろうと。

必死で通学班に放り込もうとしていた。

(この感覚・気持ちが今のように娘を追いつめたと思います。

みんなと同じじゃなくてもいいんだよとこの頃から伝えていれば。)

 

通学班長に話をし、学校にも了承を取り、しばらく付き添い登校をすることにしました。

担任は「お母さんの好きにしてください。」

保健の先生は「無理しなくてもいいですよ。一緒に来てください。

頑張ってるねって抱きしめてあげてください」と言ってくれました。

 

開き直り、どうせなら 二人で楽しく登校しようと、しりとりをしたり、たくさん話しながら楽しく通った。

じゃんけんして荷物持ちを交代したり。

少しでも楽しくしようとした。

 

けど、やっぱり門の前で立ち止まることがよくあった。

結局 職員室の前まで一緒に行った。

始業ギリギリに飛び込むようにくる担任。

時間がないと話を聞いてもらえなかったですね。

待っている間、校長先生が優しく話を聞いてくれたことも。

 

校長先生が娘のことを覚えてくれた。

通学路のパトロールをしていて、自宅前にいて娘を励ましてくれたこともあった。

門の所で「頑張ったね」って声をかけてくれ 下駄箱までついていってくれたり。

 

そうそう、付き添い登校、案外多かったですよ。

自分達親子だけじゃなかった。

同じような親子と毎日出会いました。挨拶するように。

 

少しずつ一人で行ける距離を伸ばしていきました。

下駄箱から一人。学校の門から一人で。本当に少しずつ。

できては褒める。逆戻りした時は、帰り道に少し落ち込みましたけどね。

 

しばらくして、通学班に復帰しました。

でも一人では不安だと言うので 後ろからついて行っていました。

通学班から振り返った時にわかるように。かなり離れたところにいました。

 

「いないと不安。でも、みんなにお母さんが近くにいると思われるのも嫌」と言われた。

あの頃から、不安で行けなかったんだよね。

 

変装したり隠れながら。他の子達に からかわれないように工夫しました。

おっきな帽子にマスク。服もいつもとは違う格好。今思うと怪しいですね。

まるで忍者のように角に隠れたり。でも当時は必死だった。

付き添い登校の変化の話もお医者さんに報告してて、変装の件は すごく笑っていました(*^^*)

 

そんな後ろからの尾行? も 学校の近くの曲がり角まで、途中の公園まで と距離を伸ばして、最後は玄関で送り出せるようになりました。

元の通り みんなと登校できるようになりました。

「いってらっしゃい」と言ってから玄関の扉を閉めてダッシュで二階のベランダへ。

その後、振り返らず ちゃんと行けるがずっと眺めていました(*^^*)

 



まとめ|振り返って思うこと

娘は当時のことを覚えているのかな?

もともと繊細な子、不安の大きな子だとわかっていた。

ここから、娘は「みんなと同じ」を頑張ってきたんだと思う。

私は できるようになってきて安心していった。

けれど、人一倍頑張って みんなと合わせていたんだと思う。

そして、中学生となった今 限界が来たのかもしれない。

thinking小学生高学年の女の子の友達関係・グループの難しさ・悩みについて counselor心理カウンセラーとなった今、不登校体験を振り返って子ども達に伝えたいこと